転造とは?

転造(転造加工)とは、読んで字のごとく、形を「転がして造る」加工のことです。強い力を加 えて素材を変形させる塑性加工の一種で、転造ダイスと呼ばれる工具(以下ダイス)の運動 によりワーク(棒状の素材)を転がしながら成形する方法のことです。

 

ダイスをワークの中心方向へ押し付け、回転させることにより、ワーク表面に形状を盛り上 げていきます。

そのため、製品の表面形状はダイスの表面形状に依存します。また、ワークはダイスとは 逆回転しながら加工部分が移動していくため、転造は逐次成形加工に分類されます。 加工に使用するダイスは、通常2個あるいは3個を1セットで用いられ、異なる加工品に対し てはダイスを変える必要があります。また、転造加工においては通常は冷間(常温)で加工 を行うことがほとんどです。

転造とは、元々はおねじの加工用に開発された加工方法です。現在でも代表的な転造加工品はおねじですが、その他にもスプライン、セレーション、ウォーム等のような回転対称体で ある機械要素部品の加工に用いられることもあります。

 

転造のメリットとデメリット

転造(転造加工)には、様々なメリットとデメリットがあります。株式会社ニッコーでは、転造(転造加工)の長所と短所を踏まえた上で、適した工法での製造を行う ことで、高品質の商品を生産しています。

転造のメリット

高い生産性

素材の余計な部分を削り落としていく切削加工とは異なり、転造加工は製品外径より細い 素材を盛り上げて成形することができます。そのため、材料のムダが出ません。 また、加工時間が短いことと、工具が長寿命であることなどから、切削加工と比べて生産 性が非常に高くなります。

安定した加工精度

ダイスは加工品に応じて取り替える必要がありますが、安定した加工精度を得ることがで きます。そのため、中大量生産向きの加工方法であるといえます。

環境にやさしい

ネットシェイプ成形のため騒音が少なく、加工油が汚れにくいため廃油の量が少なくなり ます。そのため、環境にやさしい加工法といえます。

面租度が向上

被加工面は、研削されたダイスによって押しつぶされるので、面粗度が著しく向上します。

高い強度

切削加工とは異なり、ファイバーフロー(繊維状金属組織)が切断され ません。また、塑性変形によって被加工面が組成硬化します。 そのため、加工製品は強い強度を得ることができます。

 

転造のデメリット

精度の確保が難しい

局所的な圧力を加える塑性変形を行うことから、工具によって拘束されていない部分も変形 してしまいます。そのため、研削加工などに比べて精度の確保が難しくなります。